So-net無料ブログ作成

【毎日更新】6時間限定のタイムセール!楽天市場人気アイテムが最安値に挑戦!
前の3件 | -

富士フイルム、スクエアフィルムに対応したチェキ「instax SQUARE SQ6」 [新商品]

富士フイルムから5月25日より発売される、スクエアフィルムに対応したチェキ「instax SQUARE SQ6」が話題になっています。

instax SQUARE SQ6.jpg



スクエアフォーマット(62mm×62mm)のフィルムに対応したインスタントカメラです。シャッターボタンを押すだけでカメラが自動で周囲の明るさを感知し、最適なシャッタースピードやフラッシュ光量に調整する「オートモード」を搭載しており、暗い室内でも被写体と背景を明るくきれいに撮影することが可能。

自分撮り用に「セルフィーモード」を搭載し、自分撮りに最適なピントと明るさに調整される。レンズ横にはセルフショットミラーを備えており、撮影範囲を確認しながら自分撮りができるほか、本体底面に設けた三脚穴やセルフタイマー機能を使用して、集合写真なども撮影することができます。
チェキで自撮りできるとは、画期的です。


シャッターを2回押すことで1枚のフィルムに2つの画像を重ねることができる「二重露光モード」や、最短30cmまでの近距離撮影が可能な「マクロモード」、風景スナップに適した「遠景モード」などの撮影機能を搭載。


バッテリーはリチウム電池(CR2)×2本で、撮影可能枚数が約300枚。本体サイズは118.7(幅)×128.1(高さ)×58.1(奥行)mm。重量は393g(電池、ストラップ、フィルム別)。

ボディカラーは、パールホワイト、ブラッシュゴールド、グラファイトグレイの3色を用意する。

気になる価格、直販価格は17,150円となっております。



スポンサードリンク





goo、5型タフスマホ「DURA FORCE PRO」を一括68,000円から発売 [新商品]

NTTレゾナントは、「gooSimseller」から、5型タフスマホ「DURA FORCE PRO」を発表発売し話題になっています。


DURA FORCE PRO.jpg


米国国防総省の調達基準MIL-STD-810Gに準拠した16項目と、IPX5/8相当の防水性能、IP6X相当の防塵性能、および京セラ独自の耐久試験をクリアしたタフネスモデルです。携帯電話網を利用して全国で使えるトランシーバーシステムを搭載し、携帯電話、IP無線、従来のトランシーバーの機能をこれ1台で運用できるといいます。

主な仕様は、ディスプレイが約5型フルHD液晶、プロセッサーが「MSM8952」、メモリーが2GB、内蔵ストレージが32GB。外部記録媒体はmicroSDXCメモリーカード(最大256GB)に対応。カメラ機能は、メインが約1300万画素カメラ+約200万画素の広角135度カメラ。サブカメラは約500万画素。

必要にして十分なスペックです。バッテリー容量は3240mAh。連続通話時間は約1030分(VoLTE)、連続待受時間は約690時間。OSは「Android 7.1.2」をプリインストール。本体サイズは73.4(幅)×148.4(高さ)×12.9(奥行)mm、重量は約230g。ボディカラーはブラックとなっております。
かっこいいプロ仕様ですね。


また通信サービスとして、「OCN モバイル ONE」を同梱します。月額利用料金は、データ専用SIMの場合が月額900円~、音声対応SIMの場合が月額1,600円~(パケット代900円+音声通話基本料700円)となります。

本体価格は、らくらくセット一括払いが68,000円(別途、初回請求時に契約事務手数料3,000円がかかる)。らくらくセット分割払いが月額2,950円×24回(別途、初回請求時に契約事務手数料3,000円がかかる)。通常セットが74,000円(SIMカード初期費用3,000円を含む)。








スポンサードリンク





ソニー、海辺で楽しめる防錆(ぼうせい)対応の重低音Bluetoothスピーカー [新商品]

ソニーより5月12日より発売される、海辺で楽しめる防錆(ぼうせい)対応の重低音Bluetoothスピーカー「EXTRA BASS」シリーズより、Bluetoothスピーカー「SRS-XB41」「SRS-XB31」「SRS-XB21」が話題になっています。


SRS-XB41.jpg



3機種それぞれに、直径約58mm径、48mm径、42mm径のフルレンジスピーカーユニットと、2基のパッシブラジエーターを装備しています。振動板の素材やファブリックフレームを改良し、パワーあふれる重低音とクリアな中高域を再生するといいます。さらに、本体表面には、専用に開発したファブリックを採用。IP67相当の防塵・防水性能に加えて、防錆(ぼうせい)に対応し、海辺や砂浜でも使用できるといいます。

ファブリックフレームの縁が光るラインライト(「SRS-XB41」「SRS-XB31」は曲によって自動的に変化するマルチカラー。「SRS-XB21」は固定色)、左右のスピーカー脇に配置し、まばゆく光るストロボフラッシュ(「SRS-XB41」「SRS-XB31」)、スピーカー部分を白く彩るスピーカーライト(「SRS-XB41」)によって、パーティーなどの雰囲気を盛り上げます。これからの季節に活躍しそうですね。


気になる価格、14000円~となっております。






スポンサードリンク





前の3件 | -
SEO対策テンプレート